3月 12

巣材集めに熱心

 

みなさんこんにちは、海獣担当飼育係のMです(^^)/

前回も紹介した室水最年少のフンボルトペンギン、ミントちゃん

(当時1歳8ヶ月)が卵を産んで、1ヶ月が経ちました☆今も熱心に

卵を温めていますが、ちゃんと交代でムサシ君も温めています!

↓卵を温めるムサシ君(あのムサシ君がなぁ…´ω`)

抱卵ムサシ

 

例え卵が産まれなくても、この時期はペンギンたちにとって巣材集めの時期です。

特にオスは一生懸命巣材を集めます。木の枝や石ころ、枯葉、寒い時期は氷の塊まで

集めて自分の部屋に運びます(残念ながら氷は融けます 笑)。

室水ペンギンの中でも特に巣材集めに躍起になっているのが、ケイジくんです☆

この間散歩の練習をしたところ、魚を少し食べたらもうその辺に落ちてる巣材に夢中!

巣材ケイジー2

↑枯草の塊を見つけてくわえた後、「コレジャナイッ!」って

ッポイしている図(こだわりがあるようです 笑)

巣材ケイジ-1

いいのを見つけたようですが、その枝長すぎじゃないですか?(笑)

巣材ケイジ

どうやら気に入ったらしい長い枝をくわえて一目散に小屋に戻るケイジ君。

ちなみに他のペンギン達はというと…

巣材興味ない組はお魚食べたらすぐお家に帰りだしたのでケイジ君のはるか前方に。

巣材集めたい&探検したい組はまだお家に帰りたくないようで

ケイジ君のはるか後方でウロチョロ(ア〇パンマンの滑り台がお気に入り)。

DSCF4388

ということでまるでケイジ君がひとりぼっちで散歩をしていたかのような光景です(笑)。

巣材ケイジ2

巣材ケイジ3

この後ちゃんと自分のお部屋まで運んでました(^^)☆※ほとんどの

ペンギンは散歩中どこかで巣材を見つけてもすぐッポイするので、ケイジ君

は本当に熱心です☆

どうでもいいですけど、みんなバラバラすぎて看てられないのでホント

まとまってください…(飼育係の本音)

1月 10

ペンギンたちの腕輪事情

 

みなさんこんにちは、海獣担当飼育係のMです(^^)/

そして明けましておめでとうございます!今年もどうぞよろしく

お願いいたします!

今回はペンギンたちが付けている個体識別用の腕輪について

ご紹介します☆

先日ユリちゃんの腕輪が切れてしまいました。

室蘭水族館では、この腕輪にカラフルな結束バンドを使っていますが、

時(数年単位)が経つと劣化して自然と切れてしまいます。

腕輪の色はメインの腕輪一本の子もいれば、メインの腕輪に

小さな結束バンド(サブ)をつけている子もいます。文章で言ってもピンと

こないかもしれないので(説明下手?)画像をつけて説明しますと(笑)、

ホクト腕輪ホクト君はメインが青でサブが黄です。

ナガト腕輪ナガト君はメインが白でサブが白白黄黄です。

マサムネ腕輪マサムネ君はメインが白で、サブが緑青緑です。

※マサムネ君の緑、非常に分かりにくいですね(^^A;)

ホクト君のようにメインの腕輪が目立つ色だと、お客さんにも覚えてもらいやすい

かと思うのですが、白メインの子たちはサブの結束バンドが翼の裏側に回ってしまって

見えないと、特にお子様たちにはみんな白い子となってしまうようです(^^;)

しかし色のバリエーションが少ないため、

なかなかカラフルにするには難しいのが現状です;

さて本題の切れてしまったユリちゃんの腕輪ですが、ユリちゃんはメインの腕輪

一本で、色はオレンジでした。しかし何年か時が経ち、すっかり色あせてしまった

腕輪はなんとなくピンクに見える…

実は以前お客さんが「あのピンクの腕輪の子」と言っていたので

見てみればユリちゃんだったということがありました。

そこでユリちゃんがつけていた腕輪と新しいオレンジの腕輪を比べてみると…

 

DSCF4248

けっこう違う(゜゜;)これはお客さんも混乱しますね…(汗)

そしてこちら↓が鮮やかなオレンジ色の腕輪をつけたユリちゃんです☆

DSCF4201

今年開館する頃にはまだ鮮やかだと思います(^^A;)

もしプロフィールを見ても誰が誰かわからなければ、

海獣担当スタッフに声をかけてください…ということで

ご容赦ください(^^A;)!